シロハル の米国株投資 〜資産100倍への道〜

理系転勤族サラリーマンの資産形成ブログ。日々の取り組みや世界のあれこれについて書いてます

スポンサーリンク

 

【VPU】脱コロナでバフェットも注目の公益事業!不況に強い安定の高分配金ETF

どーも、シロハル🐨です。


先日、バフェット氏率いるバンクシャー・ハウサウェイは大手電力・天然ガス会社のドミニオンエナジーから天然ガス輸送・貯蔵事業を買収すると発表しました。
【参考記事】バフェット氏、コロナ後初の大型買収
www.nikkei.com

このように現在、バフェット氏が公益事業に注目していることがわかります。
そんな公益事業セクターのETFである「VPU」の概要とパフォーマンスについてサーチしました。

f:id:shiro_haru:20200707214243p:plain


 


公益事業セクター

公益事業セクターは、電力・ガス・水道などの公益を提供する企業群となります。

ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のトータルリターンは、公益事業セクターが全セクターでワースト2位(素材セクターがワースト1位)となっています。
近年のパフォーマンスも伸び悩んでいると言われています。

一方、公益事業セクターは不景気に強く、また景気回復期には、金利上昇に伴うインフレ率の上昇がユーティリティ費(電気代)UPによる利益に繋がり、リバウンドが期待されると言われています。
そのため、バフェット氏は、現在の公益事業が割安で、今後の景気回復と金利上昇により大きなリターンが得られることを見込んでいると予想されています。

VPUについて

VPUは、『Vanguard Utilities ETF(バンガード・米国公益事業・セクターETF)』といいます。
概要は下記の通りです。

  • 運用会社:Vanguard (バンガード)
  • MSCI USインベスタブル・マーケット・公益事業25/50インデックス
  • 管理報酬:年率0.10%
  • 設定日:2004年1月30日
VPUは、米国の公益事業セクター:電力・ガス・水道などの公益を提供する企業群に連動しています。 VPUの設定日は2004年であり、リーマンショックを乗り越えてきたETFです。VOO(2010年)よりも長寿なETFとなります。 コストも低く積立投資にも適しています。

VPUの構成銘柄

構成銘柄(2020/07/07)
f:id:shiro_haru:20200707182804p:plain

あまり聞きなじみのない企業が並びます。
バフェット氏が天然ガス事業の買収を発表した、ドミニオンエナジーは2位にランクインしていますね。

組み入れ割合1位のネクステラ・エナジーは、風力や太陽光の発電量で世界最大の「NextEra Energy Resources」を子会社にもつ電力会社です。
再生可能エネルギー事業ということで、ESG投資の観点でも申し分なく、株価は右肩上がりです。1995年以降連続増配を誇るモンスター企業です。
f:id:shiro_haru:20200707203131p:plain

長期で全米指数を上回っている!!

組み入れ割合2位は、今回バフェット氏が天然ガス事業の買収を発表したドミニオンエナジーで、大手の電力・天然ガス会社です。現在の配当利回りは5%を超えます
その他、銘柄も高配当利回り・連続増配の超優良銘柄ばかりです。

 



VPUの分配金

個別株では魅力的な高配当金は、VPUの分配金として還元されます。
f:id:shiro_haru:20200707195407p:plain
上図は分配金と増配率の推移です。不況時には強く、リーマンショック時にも増配しています。
減配は2007年(-0.14%)、2014年(-1.37%)、2016年(-0.03%)のみで、減配幅は小さく、基本的には右肩上がりの分配金となっています。

公益事業は、国民の生活を支えるユーティリティの提供のため、競争力の確保より安定供給が重要とされます。
したがって、高い成長力は見込めずとも、安定・安心の高配当金(分配金)銘柄といえそうです。
【Sorce】バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

VPU長期チャート

公益事業セクターのパフォーマンス検証としてVPUの株価変動をチェックしていきます。
f:id:shiro_haru:20200707211456p:plain
長期に渡ってVTIに迫る株価上昇を見せています。
リーマンショックの不景気・景気回復期はVTIを完全にアウトパフォームしています。

過去ワースト2位と言っても、VTIとも十分に戦うことができることがわかります。
その上、不景気時にはディフェンシブに働き・景気回復期には金利上昇を味方につけて、キャピタルゲインも狙うことができると言えます。

おわりに

公益事業セクターETF:VPUはS&P500と同等のパフォーマンスをだしています。
特に、現在のような不景気・景気回復期には、市場平均を上回る特性を有しています。

安定の高分配金を誇ることから、分配金(配当金)を増やしたい投資家にとっては非常に魅力的です。
また、不景気・景気回復期が見込まれる場合には、VPUを戦略的にポートフォリオに組み込むことも、優良な選択肢と言えそうです。

応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

 

 


のんびり幸せに🐨