シロハル の米国株投資 〜資産100倍への道〜

理系転勤族サラリーマンの資産形成ブログ。日々の取り組みや世界のあれこれについて書いてます

スポンサーリンク

 

新型コロナから身を守るにはマスクとルール厳守!言うは易し行うは難し

どーも、シロハル🐨です。


昨日は、新型コロナウイルスの影響で、大きく急落。世界同時株安にまで発展しました。

f:id:shiro_haru:20200225221304j:plain

おはぎゃー(嘘)

このような局面で最も重要なことは、「ルールや方針を全うする」ことだと考えています。

私のような初心者ほど市場のボラティリティに振り落とされないように、徹底していきたいです。

f:id:shiro_haru:20200225220857p:plain



基本ルールを実行しよう


株式市場では、「安いときに買い、高くなったら売る」ことがリターンを得るために必要なことです。
しかし、一般的な人間心理では、株価が下落したときに資産が溶けていくのを見ることは不安を引き起こします。それにより、「安いときに買い、高くなったら売る」とは逆の行動を引き起こしてしまいます。


この感情による突発的行動を抑制するために基本的なルールを策定し、確実に実行していく必要があります。
長期投資であれば、「高くなったら売る」は意識する必要はありませんが、「安いときに買う」を確実に実行する必要があります。


淡々と買付を実行する上でも、市場が乱高下した場合には、様々な感情心理が働き、突発的な行動をしたくなるものです。


しかし、株価の変動はランダムウォークですから、バッチリ的中させることはできません。突発的な行動の多くは、たいていの場合うまくいきません。
「安くなったから買ってみよう」では、さらなる下落時に資金不足を招き、「まだ下がるかもしれないから買いは控えよう」では、その後株価は反発・上昇して機械損失につながるものです。
感情による行動を抑制するために策定したルールを実行するための阻害因子は「やはり感情」となります。


f:id:shiro_haru:20200225221341j:plain

感情排除が一番とはいっても生きててなんぼだよ~。マスク着装・アルコール除菌徹底しよう!


経験の浅い者ほどこのことを理解して、基本に忠実に行動し、計画的に資金を投入していくべきだと考えます。


株価変動による突発的行動を防止する上で、最も簡単なものは、ドルコスト平均法で積み上げる方法です。
個人投資家の大多数であるサラリーマンは給与から投資元本を捻出するわけですから、自然とドルコスト平均法にならざるを得ません。
しかし、ドルコスト平均法はごく当たり前の方法と言えど、下落時にたくさん買える有効な投資方法です。
ピンポイントに「安くなったら買う」ができるわけではありませんが、「安くなっても買う」ことが高い確率でできる方法です。 



下落時にも買うことで、保有株の株価回復を早めてくれますし、リターンを高めてくれます。
するべきは株価の変動に関わらず、積立てを確実に実行することが重要です。


そして、突発的な行動が過去無数の投資家を退場させてきた歴史を鑑みると「言うは易し、行うは難し」で、決して馬鹿にできることではありません。


そんなの当たり前だと思った人ほど、きちんと出来ているか確認しよう!



今回の株価はどう推移していくか、私にはわかりませんが、
想定を超えるような株価暴落が起こった場合でも、淡々とルールを実行できるか否かを確認していきたいと思います。

長期投資では、いつか暴落を経験する可能性が高いです。であれば、資産が少ないうちに自分の感情が株価暴落によって、どのような影響を受けるのかを知っておきたいと思います。
百聞は一見に如かず と言いますが、株式投資も例外ではなく、普段から暴落シミュレーションしていても、その効果は、実際に暴落体験してみることには及ばないでしょう。


シロハルの基本方針

現在の私の基本方針は下記の通りです。
1.eMAXIS Slim S&P500 自動積立満額設定した状態で放置する。
2.VTI 月末に積立てて、放置する。
3.SPXL 最高値から10%下落毎にスポット買い増し。同じ株価では二度買わない。下落なければVTI同様に月末に積立する。


インデックス投資メインなので基本暇ですが、確実に実行していこうと思います。
SPXLはそのボラティリティ生かしつつ、資金枯渇しないように一定比率以下で戦略的に投資していきます。(詳細は別途記事にしたいと思います。)

おわりに

このまま大暴落につながったとしても、自らのルールを実行できるか。自らの感情がどのようになるかを見ていきたいと思います。


狼狽することになっても、経験してみたい! 必ず糧となる



応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨