シロハル の米国株投資 〜資産100倍への道〜

理系転勤族サラリーマンの資産形成ブログ。日々の取り組みや世界のあれこれについて書いてます

スポンサーリンク

 

比較することの重要性と危うさ 投資は自分との闘い

どーも、シロハル🐨です。



投資を考える上で不可避なことは、「比較する」ことです。

「比較する」ことで、物事の素晴らしさが見えてきます。一方で、比較を行う上で注意すべきなこともあると最近思うのです。

f:id:shiro_haru:20200207200033p:plain


 


「比較する」ということ

 


比較とは「2つあるいは3つ以上のものをくらべあわせて、そこに認められる異同について考えること。」と辞書にあります。
[Sorce]比較(ひかく)の意味や使い方 Weblio辞書


比較はものごとへの取り組みを改善するのに多いに役立ちます。


投資での方針策定などでも、「比較する」ことは不可欠です。
例えば、長期投資と短期投資のリスク・リターンを比較することで、多くの人にとってどちらが適した方針であるかが見えてきます。
f:id:shiro_haru:20200207185037p:plain
長期になるに従い、安定的なリターンを得ることができることがわかりますね。
【関連記事】長期投資の優位性を証明!
shiroharu.hateblo.jp


また、日経平均とS&P500の比較を行うことで、長期的にどちらを対象とすべきかが見えてきます。
f:id:shiro_haru:20200207185432p:plain


これらの結果をもって、長期は投資、短期は投機(ギャンブル)と言われ、米国株長期投資の優位性を示すものとされます。
これは、容認できないリスクと確率をもとに優劣をつけて判断されており、ここに価値観が現れてきます。


自らの価値観を正しく理解し、価値観に基づいた判断を続けていくことで、ものごとをブレずに(ブレづらくなる)判断することができるようになります。
つまり、物事にどんな違いがあるかを知り、(自らの価値観を理解し)判断することが「比較する」ことです。
「比較する」ことを上手に使うことで、自らを高めることに大きく寄与することもあるでしょう。


しかし、実際には比較をする際に、良いか悪いかまでを判断してしまうことが多いと思います。良いか悪いかを判断することは比較することに含まれません。
最近では、その危うさを感じます。


他人と比較すること


 比較は価値観に基づくものです。逆に、比較することで自らの価値観に気付くことができるものでもあります。
そのため、一方的な価値観による判断では、自分の視野・思考を狭めたり、他者を傷つけることに繋がります。


例えば、高配当投資とインデックス投資との比較です。
ある期間のリターンで見ると、インデックスに利があるようでも、暴落時の耐性や配当収入による心理的安定性に目を向けると結果が逆転する場合があります。どんな価値観に基づいているかで変わるところでもあります。
また、キャッシュ保持かフルインベストメントの姿勢も同様で、暴落への対処か機会損失か、価値観が左右するところです。


投資は継続することが一番重要と言われますが、やはり自らの価値観に基づいてそれぞれの方法を選択していくべきだと思います。



ここで注意すべきは、他者との比較と自らの投資方法の優位性主張です。


理論的に優位性を証明し主張する有効性は、誰もが認めるところです。(書籍や文献は基本的にそうあるもの。)
しかし、個々の違いや感情面を考慮せずに、他者と比較し罵倒することは無意味です。


自らの投資方法の自信を得るたえに、他者を罵倒する必要はなく、その素晴らしさを説けばよいでしょう。
投資は自分との闘いなのです。


【関連記事】幸せになるために投資をする。
shiroharu.hateblo.jp


最近、PFの成長は、人の成長を促すどころか、その傲慢さや稚拙さを浮き彫りにし、その人の器の大きさを鮮明にする場合があるように思えます。
そして、それはある程度仕方のないことでもあるのかと思います。人は、ある分野で優位性が出てくると、強くなったように、偉くなったように思うもので、私も例外ではないかもしれません。(現時点で弱小PFですが(笑))
一方で、PFが成長しても謙虚である人は、人間性に優れていると思いますし、投資以外についても学び続けている方が多いように思えます。


これは、一方的な価値観による判断に依存しないからこそだと考えます。だからこそ、学び続けることは豊かに生きる上で欠かせないことだと思います。



つらつらと述べてきましたが、自らの価値観をもとに良い悪いを主張することが悪いことだとは言いません。
むしろ、「いいこと」は「いい」と主張していきたいと思います。一方で、悪いと主張する際には一方的な価値観の押し付けになっていないか一考する余地はあるかと思います。


おわりに

人は違う。感情面でも大きく異なる。という当たり前のことを理解し、それぞれに合った投資方法を選択し認め合うことが願わしいですね。


皆さんからたくさん学び、偏った視野にならないように気を付けていきたい



応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

 


のんびり幸せに🐨