シロハル の米国株投資 〜資産100倍への道〜

理系転勤族サラリーマンの資産形成ブログ。日々の取り組みや世界のあれこれについて書いてます

スポンサーリンク

 

ポートフォリオを変更!!学びの実践へ小さな一歩

どーも、シロハル🐨です。


米国株投資家になって、11か月を迎えようとしています。
これまで色々と勉強して考えの変化などあり、ポートフォリオを変更しようと思っています。

時間が経つのが早い!

f:id:shiro_haru:20200621120521p:plain



シロハルの米国ETF-PF

私のポートフォリオは、eMAXIS Slim米国株を中心にした投資信託と、VTIとSPXLの米国ETFからなっています。
所謂、米国経済の成長を信じていて、市場平均に投資しています。
20代の内に、そして投資を始めた早い段階でこの投資にたどり着いたのは幸運でした。高い確率で、貯金のみの場合より、資産を大きくすることができると確信しています。

この基本方針は、一つの解と言えます。(SPXLは除き)
しかし、最近ではその他のETFについて学んでいること。そして、コロナショックの急落で意外にも急落に動じることなく買い増しを行うことができたこともあり、学んだことを色々に実践してみてもよいのではないかと思うようになりました。

eMAXIS Slim S&P500への投資額を増やしたので、ETFは別の指数でもいいかなって♪

【関連記事】
shiroharu.hateblo.jp


今後買いたいETF

今後PFに組み込みたいETFはこちらです。
VTI、SPXL+QQQ、TECL、VHTです。

理由は強そうだから(雰囲気)


QQQ
NASDAQ100指数に連動したQQQ、現在最強と名高いETFです。
勢いのある新興企業がNASDAQに上場する上、米国市場を牽引する大企業もNASDAQ銘柄となっており、仕組みを考えると安定的に高いリターンを享受をし続けられるように思いました。
今更QQQは買えないという思いもありましたが、いつ始めてもいつ買っても投資に遅いなんてことはないなと思いなおしました。
shiroharu.hateblo.jp

TECL
現在市場平均をアウトパフォームするセクターの筆頭であるハイテクセクターの3倍レバレッジETFです。

ハイテクセクターが今後長期的(20、30年後)に、市場平均をアウトパフォームするセクターであるかはわかりません。個人的には今のような勢いの継続には懐疑的です。
しかし、5〜10年単位ではまだまだ期待値は高いと思っています。

SPXLに投資しておきながら、これまではTECLには否定的でしたが、案外悪くないETFと思うようになりました。
レバレッジETF自体については、賛否両論ありますが、私としては長期保有でもよい選択肢であると考えています。しかし、「誰にとってもよい選択肢」ではないとは思います。

shiroharu.hateblo.jp

VHT

もっとも長期で市場平均をアウトパフォームしてきたヘルスケアセクターです。
人間が不老不死にならなければ、決してなくならないセクターだと思います。人間の健康や長寿への欲は無くならないでしょう。
今後も超長期的にリターンを享受し続けると思っています。
shiroharu.hateblo.jp


おわりに

eMAXIS Slim米国株を中心とした投資信託があるため、ETFの運用については勉強しながら自分に合った投資をしていきたいなと考えています。
レバレッジETFを組み込んでおり、リスク選好型のようなポートフォリオになっていますが、リスク許容度を甘く見ずに、時折振り返りながら、資産を高めていきたいです。
ただ、レバレッジETFについては、サーキットブレーカーが連発した時に、投げ出す投資家がいる一方で、買い増してリターンを享受している投資家もいます。
今のところはレバレッジETFの仕組みやボラティリティ・リスクを学んだ上で、私にとっては一つの優れた選択肢であるとの考えに至っています。

市場平均(VOOやVTIやVT)への投資が一つの解であることは、間違っていないと思います。
一方で、学びを続ける者にとって、個別株にしろ、セクター別ETFにしろ、市場平均以上を目指すことは無駄とは言えないと考えるようになってきています。
結局は自分の稼いだお金で投資するのだから、それぞれが自分の信じる投資をすればよいのです。

今後も考えの変化と共に、投資が変わっていくかもしれません。そう、言うなれば適当です。我ながら人間らしいと思いますw

こつこつと積立てていく方は、共に頑張っていきましょう!


応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨