シロハル の米国株投資 〜資産100倍への道〜

理系転勤族サラリーマンの資産形成ブログ。日々の取り組みや世界のあれこれについて書いてます

スポンサーリンク

 

【資産推移】2021年1月末

どーも、シロハル🐨です。


ブログをだいぶサボってしまいました。昨年の終わりのブログでは「ブログ頑張る」と書いたような気がしますw

年が明けて投資の勉強をガッツリしたことで、時間の使い方を考えた時に投資でのパフォーマンス向上に時間を割くことが資産形成によりよいと考えました。
なので、ブログは資産推移の記録など、パフォーマンス向上のために役立つことに絞っていこうと思います。

方針がコロコロ変わる当ブログですが、学ぶ中で考えが変わっていくのは当然なことと思っています。
考えが変わらない場合は、学びが一回りしたか、学んでいないか で、これは投資に限らずと思います。
1月には30歳にもなりましたが、今後も学びながら進化していきいと思います。

さて、1月の資産推移となります。米国株/ETF投資は2019年7月からのスタートなので、18ヶ月目の運用報告です。

最近では、個別株の売買が中心となっており、PFの公開はなく資産推移のみとしています。


資産推移と資産配分

資産配分
f:id:shiro_haru:20210213161721p:plain


資産推移
f:id:shiro_haru:20210213161807p:plain

10月に個別株をスタートして、10-12月には100万円/月のペースで資産が増えて、資産の1,000万円を突破しました。
1月は50万円ほどの上昇でした。中旬までは100万円上昇するペースで+70万円ほどまで行きましたが、月末の下落を食らい達成ならずです。

金融相場の内に資産を伸ばしておきたい


個別株パフォーマンス
f:id:shiro_haru:20210213162322p:plain
12月3週目から1月2週目くらいまで伸び悩みましたが、そこでミネルヴィニ氏やオニール氏の成長株投資の書籍を猛烈に勉強しました。
そしたら、大きくパフォーマンスを向上させることができました。もちろん相場がよかったこともありますが、学びを実践して狙い通りになることがあり効果を感じています。伸び悩んでいる方はぜひオススメします。
投資は一石二鳥で身に付けられるものではないでしょうから、あとは実践の中で改善していければと思います。

月末の下落は食らってしまいましたが、相場が良いときに、インデックスを超えるパフォーマンスを出せればいい という気持ちで取り組んでいこうと思います。

現時点では、インデックスだけを継続していた場合では、達成できなかった資産まで増やせています。リスク面を考慮しながら、リターンを追い求めていきたいです。


おわりに

ブログサボりがちですが、家族との時間を優先して、空いた時間には投資パフォーマンスの向上に時間を割いていくこととなります。ブログは気ままに資産推移などを記録していこうと思います。

先日このようなツイートをしたところ、非常に多くの反響をいただきました。皆さん多くの方が考えを巡らせてくれたようです。(当ツイートは私のことでも、特定の誰かのことでもありません。)


私はここに反応してくれた多くの方と同じように、「お金を増やすことだけでは意味がない」と考えています。
家族と幸せに暮らすためのツールとしてお金を捉えています。このような考えのもと、リスク管理しながらも早い段階である程度の資産を築けるように学び続けていきたいと思います。


お金は家族と幸せに暮らすためのツールさ♪


以上、シロハルの2021年1月末の資産推移でした。



のんびり幸せに🐨

【資産推移】2020年12月末  資産1,000万円突破!!

どーも、シロハル🐨です。


今月もいつも通り資産推移を公開していきます。
米国株/ETF投資は2019年7月からのスタートなので、17ヶ月目の運用報告です。

個別株で売買することもあるので、PFの公開はなく資産推移のみとしています。

f:id:shiro_haru:20201231091008j:plain


資産推移と資産配分

資産配分
f:id:shiro_haru:20201231084727j:plain
リスク資産の比率が徐々に大きくなってきています。
今後も生活防衛費をしっかり残した状態で、投資を行っていこうと思います。


資産推移
f:id:shiro_haru:20201231084736j:plain

先月は下記のように述べていました。

2020年度内(21/3迄)での1,000万円も視野に入ってきました。

しかし、個別株の運用やレバレッジETFの伸びもあり、今月での1,000万円を突破することができました。
月内で突破したときにはTwitterで多くの方に反響いただきましたが、月末ベースでも突破できていました!!


ここで改めて、私のステータスですが、
29歳 年収520万(額面、昨年比10万↓
派遣社員 350万(額面
悪くもないが、株クラでは良くもない年収ですね。貯蓄可能額は手取りベースで年350万ほどとなります。

2019年7月に米国株ETFへの投資をスタートしたときには資産250万円でしたから、株式投資をやっていなければ、私にとって20代では決して辿り着くことのできなかったであろう資産額でした。
2020年は株式投資の力・魅力 を存分に体感した年でした。

株高はいつまでも続かない


個別株パフォーマンス
f:id:shiro_haru:20201231084454j:plain
10月からスタートした個別株の運用は、時間加重収益率でみるとインデックスを先月比よりも更にアウトパフォームしました。(売買手数料を加味した値です)
12月単体でみるとインデックスを下回っていますが、そんな月もあるでしょう。スタート来のリターンは30%には達しませんでしたが、まずまずでしょう。

10月に投資してくすぶっていた銘柄が花開いたりと投資効果がでてきています。
一方で12月に種をまいた銘柄がたくさんあるので、暫くして芽がでてきてくれることを願います。

忘れずに退場しないようにリターンを追い求めていく


おわりに

株高もあり、資産推移としては非常に順調です。
Skewは割高を示し、銅先物は上昇をストップしています。2月は下落のアノマリーもあることから、柔軟に対応していきたいと思います。

万事に通用するスタイルや銘柄などない!「柔軟」が大切


以上、シロハルの2020年12月末の資産推移でした。


応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨

【2020年 ブログ運営報告】 今年もありがとうございました!

どーも、シロハル🐨です。


2020年のブログ運営についてまとめていきたいと思います!

2019年8月より当ブログをスタートしたので、2年目ということになります。
今年の感想は、「まーよくサボったな」という感じですw

それでもこのような弱小ブログを見てくれている方がいるということで、2020年のブログ運営についてまとめていきたいと思います。

f:id:shiro_haru:20201230185126j:plain


2020年 PV数 (期間:2019/12/31~2020/12/30)

f:id:shiro_haru:20201230180616j:plain

こんなサボりがちな弱小ブログが、8万PV以上も見ていただけたとは・・・

妻に「今年ブログどれぐらい見てもらえたと思う?」と聞いたら、「6千回くらい?」と言われましたw
期待値が6千PVの弱小ブログが8万PV以上も見ていただけたことは感無量です。


今年のまとめとしては、モチベーションが高いときと、低いときで差が激しい年でした。毎日ブログを更新している投資家さん方は化け物だと思います(褒め言葉です

ブログは本当にお金になりません。(一部のブログを除く)
本ブログは自身の投資の勉強や記録を目的としており、マネタイズを目的としていませんが、モチベーションが低いときには時給がよぎってしまうことがありますw

時給で考えだすと書けたものではない

それでも、こうしてこんなブログを8万回以上も見ていただけたことを知り感謝です。
この数字をみて、少しモチベーションが上がっている単純なシロハルです。

2020年 記事数

2020年(12/30まで)は、61記事となりました。

記事数 内訳:
2020 / 12 (5)
2020 / 11 (7)
2020 / 10 (7)
2020 / 9 (3)
2020 / 8 (4)
2020 / 7 (5)
2020 / 6 (8)
2020 / 5 (4)
2020 / 4 (2)
2020 / 3 (8)
2020 / 2 (7)
2020 / 1 (1)

来年は頑張りましょー

2020年 思い入れの記事紹介

2020年は何記事かGoogle砲ももらいまして、読者の幅も大きく広がりました。
このよう中で、2020年に書いた思い入れのある記事を改めてご紹介させていただきます。

1.レバレッジETF関連記事
レバレッジETF関連の記事では多くの反響をいただきました。
レバレッジETFのリスクとリターン、それぞれに焦点を当てた記事をそれぞれ出したことで、レバレッジETFに投資していない方までご覧いただけました。
これらの記事を読んで、新たに仲良くしてくださるようになった投資家さんもいて思い入れがあります。

今年は、QQQが流行ったり、今はARKが流行ったりしてますが、私がコロナショックで選んだのはレバレッジETFで、投資リターンに大きく寄与してくれています。
流行り廃りがあるかと思いますが、レバレッジETFへの投資は続けていこうと思っています。

【関連記事】レバレッジETFの単純な積み立てのリスク
shiroharu.hateblo.jp

【関連記事】レバレッジETFの長期優位性証明
shiroharu.hateblo.jp

これらの記事をアップしたときには米国株のブログ村PVランキングでTOP10入りもしたのさ♪

そのあと記事作成が続かずすぐにランキング下がってるじゃねーか

だはー

2.過去の暴落まとめ
こちらも非常に多くの反響がありました。
私自身、過去の暴落を知ることや、直近の暴落の傾向などを知ることで、今回の歴史的暴落であるコロナショックも乗り越えることができました。
過去を知ることで対処しやすくなることは、投資に限ったことではありません。

【関連記事】過去の暴落を知ろう
shiroharu.hateblo.jp


3.過去の独占禁止法まとめ
こちらは、投資のプロの方々にも反響があったことが印象的でした。
今年はGAFA関連の独占禁止法ニュースが飛び出しました。過去を知ることが非常に役立つことを実感した私としては、過去事例を調べて考えることは自然な流れで、さらっと書けたことを覚えています。
もちろん過去≠未来ではありますが、過去の情報は活かすことは私にとっては重要で、今後も学び続けていきたいと思います。

【関連記事】過去の独占禁止法事例を知ろう
shiroharu.hateblo.jp



おわりに

2020年ブログはあまり積極的に記事をかけませんでしたが、このような弱小ブログが8万回も見ていただいたことは感無量でした。
コロナショックがあったり、ETF中心の淡々とした投資から、先行指標やチャートをゴリゴリみて個別株に投資する投資家に一変してしまいましたが、今後も学びながら進化していきたいと思います。
そんな中で、ブログはゆるく学びに活かしながら続けていければと思っています。


2021年はノートパソコンが欲しい!Surfaceを買ったらブログもはかどる!

どうせ最初だけでしょ



応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨

【不朽の名作】2020年に見た面白かった映画 年末にオススメ Amazon Primeでも見れる!

どーも、シロハル🐨です。


年末年始にいい映画を観たい方もたくさんいると思いますので、2020年に見た映画でよかったものを紹介していこうと思います!

今年はコロナによって家にいることが多く、Amazon Primeで映画を見ることが増えました。
年末年始もいつも以上にステイホームされる方も多いでしょう。
そこで、2020年にAmazon Primeで見た映画の中でも、特によかったものをご紹介していきます!!

映画も株も、とりあえず評価のいいものを見とけばいいのさ♪

映画も株もなめんな!怒られっぞ

f:id:shiro_haru:20201229154047j:plain



フォレストガンプ

主演:トム・ハンクスで、第67回アカデミー賞作品賞ならびに第52回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞した名作。
普段から映画を見る方は、一度は見たことがある作品でしょう。

主人公フォレストは、他人より知能指数は劣る(ガンプ:のろま)が、純真な心を持ち、周囲の人々の協力を受けて数々の成功を収めていく半生を、アメリカの1950〜80年代の歴史を交えながら描いたヒューマンドラマ。

ユニークさもありますが、自分の能力を自分ためではなく社会や周囲に使う素晴らしさ、未来を信じて努力する姿勢の大切さを描いており、人生についても考えさせられるそんな映画です。

はじまりのうた BEGIN AGAIN

2013年のアメリカ合衆国の音楽映画。
音楽映画というだけあって、マルーン5のボーカルが出演していたり、劇中歌『Lost Stars』が第87回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされたりと、音楽の力が強い一作です。

人生で躓いた登場人物たちが、それぞれの信念や才能を信じて、『Begin Again (再び始めよう)』と奮起する物語

音楽が好きな方はもちろん、この作品を観た方は「明日からがんばろう!」という気持ちが湧いてくるでしょう。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

2014年の歴史ドラマ映画。エニグマに関する伝記をもとに製作された映画です。
第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞(ティルドゥム)、主演男優賞(カンバーバッチ)、助演女優賞キーラ・ナイトレイ)を含めた8部門で候補に上がり、脚色賞を受賞するなど興行的にも成功した作品です。

エニグマを解読する物語を主軸に、同性愛者と発達障害への差別・多様性をテーマにした作品。
天才故の異質さや神経質さを生々しく描くとともに、エニグマを解読するために奮闘する姿に静かなる情熱を感じざるを得ません。

この作品は予備知識の有無で面白さが全然変わるのさ

偉そうに言ってるけど、自分だって元々予備知識なかったじゃねーか

きっと、うまくいく

2009年公開のインド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画。2010年インドアカデミー賞では作品賞をはじめ史上最多16部門を受賞しています。
米国ハリウッドスターや監督などからも高い評価を受けているようです。

本作は、インドの工科大学の寮を舞台にした青春劇であり、コメディ映画だが教育問題をテーマにしており、若者の自殺率の高さなども取り上げています。
若者の自殺については日本でも問題とされており、無視できないテーマですが、メソメソとした映画ではなく笑いあり感動あり涙ありのとても良い作品です。

物語の中で突然ミュージカル調に歌と踊りが入ってくるなど、インド映画に慣れていない私は最初は「ええ!?w」となりましたし、3時間近くもある長い作品ですが、
気付けば最後まで飽きることなく見入ってしまいました。特に、ラストは爽快な展開に引き付けられます!

そして、見終わったときには、「きっと、うまくいく」と、人生を前向きに捉えることができると思います。

おわりに

2020年は、今までよりも家で映画を見る機会が増えました。その分、良い作品にも出会えました。
来年は映画館で素晴らしい作品に出会えるといいですね。

鬼滅の映画は良かったけど、残りは鬼舞辻無惨編まではテレビアニメでやってほしいよね

映画大成功で勘違いしたオジサンたちが、残りを全部映画でやろうとしないか心配だ

応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨

【2020年下期】買ってよかったもの第4選

どーも、シロハル🐨です。


年末にもなりましたので、2020年に買ってよかったものを紹介していこうと思います!

コロナによって家にいることが多く、総じて出費は少ない年でしたが、その分家で快適に過ごすための商品を購入しています。
今後、with コロナでの生活は、家での居心地を快適にすることがより重要になってくるのではないかと思っています。
そこで、2020年に購入した商品の中でも、特によかったものをご紹介していきます!!

f:id:shiro_haru:20201228183807p:plain



バスタブクレンジング

お風呂洗いを自動化できる機械がでないかなーなんて思ってたら、かけるだけで洗える商品がでました。
お風呂洗いを超簡便化してくれる商品です。浴槽を水で濡らしてこれをかけるだけ!
ゴシゴシ擦る必要もありません!ストレスレスです!

一度使うとリピート不可避の商品でした。

空気清浄機(シャープ)

シャープの空気清浄機、プラズマクラスター&加湿器付きです!!
あえての型落ちモデル!性能は新製品とほぼ変わりません、型落ちで十分です。

感染症が気になる今、プラズマクラスターの効果がどれほどあるかは不明ですが、加湿器はかなり有用です。
ウイルスなどは加湿によりかなり不活性化させることができるようです。

乾燥による影響は、長期的には健康や肌(見た目)にも大きな差を生むものとされています。特に冬場に乾燥してしまうお家の方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

セラミックファンヒーター(アイリスオーヤマ

トイレ用に購入した、アイリスオーヤマのセラミックファンヒーターです。人感センサー付きです。

トイレが非常に寒いお家も多いのではないでしょうか。
居心地もそうですが、健康にもよくありません。「ヒートショック」をご存じでしょうか。
f:id:shiro_haru:20201228180248p:plain
【Sorce】:https://www.saibugas.co.jp/home/and/articles/detail.php?id=55
実はヒートショックでは毎年多くの方が亡くなっています。寒暖差により血圧が急激的に変化することによって起こります。

私が買った製品は、人感センサー付きで即時にトイレを温めてくれます。これによりトイレでの快適さは格段に向上しました。
快適さと家族とご自身の健康を守るために、トイレが寒いお家に住む方はご検討してみてもいいかもしれません。

ホットカーペット山善

こちらも冬の商品ですが、ホットカーペットです。
妻は在宅勤務がメインとなったのですが、長く家にいて仕事をしていると足元が冷えて困っていました。

そこで購入したのがこちらのホットカーペットです。ダニ対策されていて安心して使用することができます。
シロハル家ではカーペットの下に敷いて、床暖房のように使用しています。
非常に快適な居間になりました。


おわりに

2021年はコロナも終息し、リアルの生活でも楽しい日々が送れるようになるといいですね。
とはいえ、新しい生活様式は今後ますます広がっていくでしょう。
そんな中では、家の居住環境を快適にして心身ともに健康に過ごすことがより重要になっていくのではないでしょうか。

2021年はまずノートパソコンが欲しい!

楽天ROOMもやってるよ!ぜひ見てね!

room.rakuten.co.jp


応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨

【20年12月3週米国市場まとめ】米国でワクチン接種が開始・ FOMCは波乱なく通過した週

どーも、シロハル🐨です。


妻と共に体調不良になったり、回復した途端、資産が1,000万円突破していたりで、個人的に大変な週でしたが、
今週も変わらず先行指標のまとめをしていきます。地味な学びですが継続していきたいと思います。
指標の解釈は勉強中ですので、別の考え方などあれば教えてください。よろしくお願いします。

どんな分野でも成果を出す人は地味な努力を続けているらしいよ

f:id:shiro_haru:20201219140543p:plain



主要指数の推移

主要指数の確認
5日;ダウS&P500NASDAQラッセル2000
f:id:shiro_haru:20201219140607p:plain
1カ月;ダウS&P500NASDAQラッセル2000
f:id:shiro_haru:20201219140619p:plain
12月に入ってからはずっと小型株(ラッセル2000)が伸びており、今週も引き続き継続です。
変わったのはNASDAQ、強さを取り戻し、最高値を更新しました。大型テックにも資金が戻ってきたかたちでしょうか。
なんでも上がるバブルにもなっているという話もあります、バブルはのるしかありません、ただ引き際は要警戒となりますので、先行指標を注視していきたいと思います。

ヒートマップ

S&P500のヒートマップ
(※12/14までのMAPとなります)
5日
f:id:shiro_haru:20201219140631p:plain
1カ月
f:id:shiro_haru:20201219140640p:plain
NASDAQ上昇からもわかるように、大型テックなどがプラスに推移しました。
11月にGAFAMなどが停滞した際に、大型テックに投資した方は利を得ているでしょう。

私も軟調なときにFANG+に投資したのでいい感じ♪

各重要指標

VIXとVXN

S&P500とNASDAQ恐怖指数
5日
f:id:shiro_haru:20201219140650p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219140704p:plain
VIXは20を超えていますが、ヨコヨコ展開です。

米国債回り

債券の利回りは株式市場に大きく影響する。
逆イールド後に暴落が訪れると言われるがコロナショックも例外なく。

5日
f:id:shiro_haru:20201219143853p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219143903p:plain
ワクチン承認では大きく上昇しませんでした。長期チャートで見るとヨコヨコの展開です。

先物

Dr.カッパーと言われる先行指標。コロナショックでも健在で事前に下落していました。
5日
f:id:shiro_haru:20201219143916p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219143927p:plain
先週は頭打ちかに見えた銅先物でしたが、再度上昇トレンドとなりました。
中国の経済活動が堅調であること、EV関連で急騰しています。一方でチャート上は上昇の終焉に近いとの報告もあります。

超重要指標さ

WTI原油

原油先物の下落は株式市場にも大きな影響を与える重要指標。
5日
f:id:shiro_haru:20201219143938p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219143947p:plain
ワクチンによる景気回復期待で、原油価格がコロナショック後、高値を更新しており需要も増えてきています。最近OPECは減産を発表しており、その影響で需要と供給のバランスが崩れる可能性があり原油価格が高騰することが十分に考えられます。

ビットコイン

騙しも多いが株式市場の先行指標になる。
ビットコインは数日から1週間程度の、株式の先行指標となっているように思います。
コロナショックでも株式が底を付ける少し前にBTCは上昇を始めていました。今回も同様です。
5日
f:id:shiro_haru:20201219144001p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219144014p:plain
BTCは爆騰しました。爆益報告も上がりましたね。
今から投資することは私には難しいので、PYPLやSQで恩恵を受けていきたいと思います。
暫く上がったとしても、永遠に上がり続けることはないのが金融資産ですから、その時がきたらBTCにも投資していきたいと思います。

最近、ビットコインの指標も教えてもらったので買いタイミングになれば投資したい!

Skew指数

下落予想が多ければ上がる指標。相場の底近辺(115)や割高圏(140)の指標になる。
1年
f:id:shiro_haru:20201219144024p:plain
9月や10月に並び、145を超えました。
その後、相場がどうなったかはご存じの通りです。

個人的には他の指標が下がり始める、もしくはSkewが一旦下落し再度上昇する場合にポジション調整をしていこうかと思います。

Fear & Greed

Fear&Greedは20以下で割安、70~80以上は割高とされます。
5日(午前の値)
f:id:shiro_haru:20201219140904p:plain
1年
f:id:shiro_haru:20201219140913p:plain
F&Gは少し落ち着いてきたとことでしょうか。


 



主要ETFの値動き

5日
f:id:shiro_haru:20201219140928p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201219140941p:plain

QQQが大きく上昇、SPYDが大きく下落しました。
SPYDは大きく増配もされたようでホルダーの方はおめでとうございます!

気になったトピックス

1週間で勉強になった、記録しておきたいトピックスについて記述します。

1.GAFAM独占禁止法提訴は続く
GAFAMが独占禁止法違反で提訴され続けています。
過去の事例を知っておくと、決して馬鹿にできないことですが、今すぐにどうなるということでもありません。
f:id:shiro_haru:20201219141006j:plain

【参考】独占禁止法の過去事例
shiroharu.hateblo.jp


2.ビットコイン高騰で恩恵
ビットコインが高騰しており、ホルダーは恩恵をうけていることでしょう。おめでとうございます。
私は高騰してるなか飛び込むことはできませんがPYPLとSQに投資しています。
間接的にビットコインの恩恵を受けることができます。
f:id:shiro_haru:20201219141016j:plain

3.FOMCは波乱なく
FRBは追加緩和の可能性を残し、長期継続することで穏便に済ませました。
政策は株式市場に大きな影響を及ぼしますが、ワクチンの効果によっては追加対策の実施有無など変わるところになると思いますので要チェックしたいと思います。
f:id:shiro_haru:20201219141026j:plain


まとめ

先週には、BTC・原油・銅が調整し始めたかに見えましたが、再度高騰しています。
一方、Skewは更に割高圏で9月・10月頃と同等の値を示しています。

1月までは上昇するのがアノマリー・・・つまり、2月は?1月中は?
先行指標を引き続きチェックしていきたいと思います。


応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨

【20年12月2週米国市場まとめ】 米ワクチンが緊急使用 承認された週

どーも、シロハル🐨です。


用事と体調不良で先行指標のまとめができていませんでした。振り返りになりますが、確認していきます。

f:id:shiro_haru:20201215170628p:plain



主要指数の推移

主要指数の確認
5日;ダウS&P500NASDAQラッセル2000
f:id:shiro_haru:20201215170644p:plain
1カ月;ダウS&P500NASDAQラッセル2000
f:id:shiro_haru:20201215170654p:plain
12月に入ってからはずっと小型株(ラッセル2000)が伸びています。
ワクチン期待でリア充銘柄が伸びました。
その後はBuy the rumor ,sell the fact(噂で買って、事実で売る)の流れが予想されます。

ヒートマップ

S&P500のヒートマップ
(※12/14までのMAPとなります)
5日
f:id:shiro_haru:20201215170703p:plain
1カ月
f:id:shiro_haru:20201215170713p:plain
ヨコヨコの展開になっています。
ワクチン期待とコロナ拡大の綱引きとなっているようです。

各重要指標

VIXとVXN

S&P500とNASDAQ恐怖指数
5日
f:id:shiro_haru:20201215170818p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215170827p:plain
VIXは上向きになってきたところです。水準としてはまだ高くはありません。

米国債回り

債券の利回りは株式市場に大きく影響する。
逆イールド後に暴落が訪れると言われるがコロナショックも例外なく。

5日
f:id:shiro_haru:20201215171013p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215171024p:plain
ワクチン承認での金利上昇は折り込まれているように見えます。
金利が低水準で推移するならグロースのターンが戻ってくるでしょう。


先物

Dr.カッパーと言われる先行指標。コロナショックでも健在で事前に下落していました。
5日
f:id:shiro_haru:20201215171037p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215171052p:plain
銅の上昇トレンドは11月から続いていましたが、ここで頭打ちしてきたでしょうか。
銅のトレンド転換は非常に重要な指標となるためチェックしていきたいと思います。

WTI原油

原油先物の下落は株式市場にも大きな影響を与える重要指標。
5日
f:id:shiro_haru:20201215171111p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215171122p:plain
上がり過ぎていたため下落しています。一瞬日の目をみたエネルギー銘柄(非再生エネルギー)もダメージを受けています。
本格的にバリュー転換する局面には買いとなるでしょうが難易度は高いものとなるように思います。

ビットコイン

騙しも多いが株式市場の先行指標になる。
ビットコインは数日から1週間程度の、株式の先行指標となっているように思います。
コロナショックでも株式が底を付ける少し前にBTCは上昇を始めていました。今回も同様です。
5日
f:id:shiro_haru:20201215171134p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215171144p:plain
BTCは12月1週に引き続き調整しています。
BTC/原油/銅と、複数の先行指標が調整し始めたのは気になる点です。

Skew指数

下落予想が多ければ上がる指標。相場の底近辺(115)や割高圏(140)の指標になる。
1年
f:id:shiro_haru:20201215171201p:plain
割高圏となる140近辺となりました。こちらも調整になる可能性を示唆しているようにも思えます。

Fear & Greed

Fear&Greedは20以下で割安、70~80以上は割高とされます。
5日(午前の値)
f:id:shiro_haru:20201215171245p:plain
1年(※12/14までのチャートとなります。)
f:id:shiro_haru:20201215171256p:plain
F&Gは依然と割高圏にあります。



 



主要ETFの値動き

5日
f:id:shiro_haru:20201215171343p:plain
6カ月
f:id:shiro_haru:20201215171353p:plain

指数全体が軟調にあることを示しています。
6カ月チャートではリア充銘柄の回復でSPYDが大きく回復しました。
一方、ワクチン承認で、Buy the rumor ,sell the fact(噂で買って、事実で売る)の流れが予想されるため、再度リア充銘柄は売られる可能性があります。
今後も株価を気にする場合は難しい銘柄となるかもしれません。

気になったトピックス

1週間で勉強になった、記録しておきたいトピックスについて記述します。

1.ワクチンのアレルギー反応
ワクチンのアレルギー反応がでたとのニュースがありましたが、これは大きな問題ではないでしょう。
どんなワクチンや薬もアレルギーを引き起こす可能性はあります。

懸念すべきは、中長期的に①もっと大きな副作用がでること や ②コロナの感染防止効果がなくコロナ拡大が止まらない場合です。その場合は、株式市場もリアルの生活も大きな悪影響を被るのでないでしょうか。
f:id:shiro_haru:20201215171529p:plain


まとめ

12月1週目までは各指標は「ヨコヨコ」の展開でしたが、ここにきて
BTC・原油・銅が調整しはじめ、SkewとF&Gは割高圏を示しました。

今すぐに株式市場も調整するという訳ではありませんが、悪いニュースが出た場合には下落トレンドになる可能性は高まっているといえるでしょう。
過熱感はいつまでも続かないことは忘れずいきたいところです。


応援投票をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


のんびり幸せに🐨